栄養機能食品

受験生向けの栄養機能食品【受験王100】はオススメです








  
お子様の受験対策に!!

学習アップの栄養サポート!

受験王は、そんなストレスにさらされる学生の強い味方です。


受験勉強は寒い冬にピークを迎えますので、心身バランスの低下は、学力に著しくダメージを与えます。


〇お子様の勉強の事で悩んでいませんか。

1.やる気が出ない・・・

2.最近成績が伸びない・・・

3.考えるのが苦手・・・

4.落ち着きがない・・・


もしかすると

学習に適切な栄養が整っていないのかもしれません。


だからこそ、オススメ!

受験生に欠かせない、豊富な栄養成分が満載!!


受験王100に含まれている高麗紅参から抽出したジンセノサイドは、高い恒常性をもち、様々な角度から心身のバランスを整えます。

また、医学誌にもジンセノサイドは、記憶力に効果を持つと書かれています。(薬事法の関係でサイトには掲載していませんが)





528高麗紅参茶【受験王100】 詳しくはこちらから



学習アップの栄養サポート!! 528高麗紅参茶【受験王100】詳しくはこちらから



インターエデュ ツイッター

インターエデュ 中学入試の解答を順次公開!




受験生のみんな、がんばって!

インターエデュ 能開センター

インターエデュ 能開センター 特訓系講座とは?

インターエデュ能開センター掲示板では、特訓系講座についてのスレッドが結構にぎやかです。


能開センターの特訓系講座はどんなものかというと、まず受験講座3クラスのうち、上の「最難関中学クラス」と「難関中学クラス」の生徒に受講資格があります。


ただ、インターエデュの掲示板にも書いてありましたが、この2つのクラスに入っていても、実力テストや公開模試の成績が良くないと特訓系講座を受けることができないのです。厳しいですね。



能開センターの特訓系講座の受講資格は、例えば数学のクラスを例にすると、

*小3 ⇒ 校責任者からの推薦
*小4 ⇒ 200位以内
*小5 ⇒ 200位以内
*小6 

 灘特訓 ⇒ 50位以内
 東大寺・洛南特訓 ⇒ 100位以内
 星光・西大和特訓、星光・南海S特特訓 ⇒ 200位以内
 洛洛・四天特訓、西大和・四天特訓、南海・四天特訓 ⇒ 400位以内

こんなように能開センターのクラス分けはシビアなのです。


インターエデュの能開センター掲示板の書き込みを見ると、このクラス分けに関して親が一喜一憂していますが、クラスで明確に志望校を決められるとその気持ちもわからなくもないですね。

ただ、勉強するのは子供なので、どんなに親があせっても仕方がありません。応援するのみです。

インターエデュ 筑波大学付属小学校

インターエデュの筑波大学付属小学校掲示板のムード

インターエデュの掲示板の学校別スレッドで人気があるのが筑波大学付属小学校の掲示板です。

インターエデュの筑波大学付属小学校掲示板は、何となくこの学校のカラーが出ている感じがします。

他の学校の掲示板もそれぞれ何らかのカラーを感じますが、筑波大学付属小学校の掲示板はインターエデュの中でも書き込みが非常に多いので、より一層特色が出るのだと思います。

まず、自分で調べればすぐにわかりそうなことでも「これはどうでしょうか?」と聞いてくる受験生の親に対しては「そのようなことは直接学校にお聞きください。」とか、「本屋さんで見たら全て載っていますよ。」という感じで、親もしっかりと学ぶべきということをやんわりと伝えようとする親が多いです。

また、インターエデュの筑波大学付属小学校掲示版では、「こんなことはここで聞くべきじゃない」というような書き込みについては、無視されていることもしばしば。レスが無いことで「こんなこと、聞いちゃいけなかったよね。」と気付かせるということでしょう。

でも筑波大学付属小学校の在校生の親が冷たいということではありません。インターエデュの掲示板の使い方をみんなで守っていきましょうというメッセージだと私は思います。

インターエデュ 能開センター

インターエデュ 能開センターのダブル講座

インターエデュ関西エリア掲示板で話題の学習塾・進学塾「能開センター」は、小学生と中学生を対象とした塾ですが、やはり将来を見据えた進学を考えている親は難関校への中学受験を目指す人が多いですね。

インターエデュの能開センター掲示板で良く見る「特訓」という言葉はちょっとこわいイメージもありますが、別にハチマキをして頑張っているわけではありません。

能開センターはダブル講座編成というシステムがあり、成績によって明確にクラスを分けます。

まず、受験総合講座という基本のクラスは、成績別に志望対象校を設定した3クラスへ分けられます。

1)有名中学受験 Aクラス

2)難関中学受験 Tクラス

3)最難関中学受験 Sクラス

この3つに分けられた生徒達は、志望校合格のために頑張るわけですが、上にまだクラスのある生徒は、何とか上のクラスにアップしたいということで努力を重ねます。模試の成績が良くなってくればクラスアップが可能なのです。

その先にインターエデュで話題の「特訓講座」があります。
能開センターでは、小学校3年生からこの特訓講座に参加が可能ですが、本人や親がたとえ希望しても、成績が能開センターの基準に満たないと特訓講座には入れてもらえません。

公開模試や実力テストの結果が上位に来ないと能開センターの特訓講座には入れないのです。塾の中でも選抜があるのは大変ですね。

  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa